アトピーは対処さえすれば予防できます

アトピーの炎症から赤ちゃんを守るには保湿剤が有効です

乾燥はお肌の大敵です~保湿剤で炎症から赤ちゃんを守ろう~

眠る子供

赤ちゃんをアトピーによる炎症から保護するためには、保湿剤によって乾燥から守ってあげなければなりません。保湿剤を使用することで潤いを保ち、完走による炎症や痒みを未然に防ぐことができます。ここでは、そんな保湿剤についてお話していきます。

アトピーの発症率を下げる保湿剤の効果

アトピーの発症を抑えるためには、ズバリ「肌の保湿をすること」です。アトピーの親御さんから生まれた赤ちゃんに生後間もない頃から保湿剤を塗ると、アトピーの発症率がおよそ3割減少したという研究結果が発表されました。これは、国立成育医療研究センターの研究結果ですが、特定の方法でアトピーの予防効果があると証明されたのは世界で初めてです。最近では、産院などでも新生児の赤ちゃんに対して入浴後は保湿をしてあげましょうと指導しています。

赤ちゃんに使う保湿剤の選び方

保湿成分をチェック
「セラミド」が配合されているものが良いでしょう。セラミドは、皮膚の水分保持に関わる大事な成分です。人の皮膚のおよそ50パーセントを占めていると言われています。遺伝によりアトピー素因を持つ赤ちゃんには、このセラミドが生まれつき少ないことも分かっています。乾燥肌の赤ちゃんのアトピーを抑えるためには、セラミドを配合した保湿剤を選ぶようにしましょう。
添加物に注意
市販の保湿剤には、防腐剤や香料、乳化剤やアルコールなどが配合されています。特に、合成香料や着色料、鉱物油に石油系界面活性剤、パラベンなどが配合されたものはできるだけ避けた方が良いでしょう。赤ちゃんの肌は成人に比べてとてもデリケートであるため、保湿どころかアレルギー反応を起こす恐れがあります。無添加、無香料、パラベンフリーのものを選びましょう。
食物アレルギーになりやすい成分は避けよう
「口に入れても大丈夫な食物由来成分を使用」と記載されているものもありますが、食物アレルギーを持っている場合は気を付けなければいけません。牛乳アレルギーやナッツアレルギーを持っている場合は、アーモンドオイルやピーナッツオイルを使用した保湿剤やボディミルクに注意しましょう。

保湿成分や添加物などに気を付ければ、赤ちゃんにも安心して保湿剤を使うことができます。また、病院で貰える白色ワセリンやプロペトも乾燥対策として効果的です。

早めの対策で赤ちゃんをアトピーで苦しめない!

アトピーは肌の状態が悪化しやすく、炎症も起こりやすいです。早い内から対策をすることで、発症を抑えられますし治療も適切に行なえます。どのような対策が有効なのか把握しておきましょう。

妊娠中から対策をはじめる

僕はアトピーなので、生まれてくる赤ちゃんが遺伝しないかどうか不安です。今の内から対策はできますか?
妊娠中からできる対策として、お母さんの食生活改善があります。できるだけバランスよく食べるようにしましょう。同じものばかり食べてはいけません。鶏肉を食べたら次は魚、その次は牛肉というように食べるようにします。同じタンパク質やビタミン類でも、色々な食材から摂るようにしましょう。人工乳を与える場合は、消化吸収の良いペプチドミルクタイプのものを選びます。また、卵はなるべく食べないようにしましょう。

アトピーの原因が分かる検査

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎を発症したら、病院で検査を行なうと良いでしょう。血液検査や皮膚検査を行なうことで、アレルゲンを特定できます。

最も一般的な血液検査
「血液検査」は、アレルギー検査の中で最も一般的な方法になります。採血してアレルギーの引き金となるIgE抗体の血中濃度を調べます。予想されるアレルギー物質毎にIgE抗体の数値を調べて、原因物質を特定するのです。
2種類の皮膚検査
血液検査以外の主な検査として、「スクラッチテスト」と「パッチテスト」があります。赤ちゃんの背中や腕の皮膚を出血しない程度に針で傷付けます。そこに予想されるアレルギー物質を含ませた溶液を垂らして、皮膚の状態や反応を見るのです。皮膚が赤くなれば、アレルギー症状が現れる恐れがあります。針で傷付けた箇所は痛みもなく、跡も残らないため心配は要りません。「パッチテスト」では、アレルギー物質を染み込ませた小さな紙を腕などに貼り付けて、一定時間経過後に皮膚の反応を見ます。赤くなったり痒みが現れたりすればアレルギーの恐れがあります。

検査をしてアレルゲンが分かれば、アトピー性の炎症の悪化を防ぐことができます。いつまでも原因が分からずに生活していると、突然悪化することもあるので気を付けましょう。妊娠中やアトピー発症直後に適切な対策を実施すれば、治療と改善がしやすくなります。アトピーの症状には個人差がありますが、掻きむしりが癖になると症状は大きく悪化して改善も困難になります。「肌を掻くことで気分が落ち着く」という習慣ができてしまう前に、きちんと予防しましょう。

TOPボタン