アトピーは対処さえすれば予防できます

炎症の原因~赤ちゃんにできるアトピーの注意点~

赤ちゃんもアトピーによって炎症を起こしてしまう

母と子供

アトピーは赤ちゃんの頃から発生する可能性があり、アトピーが原因による炎症は痒みを始めとした様々なリスクを発生させてしまいます。ここでは、赤ちゃんが炎症を引き起こす原因を紹介していきます。

炎症が起こる原因とは?

赤ちゃんに炎症が起こるとどのような症状がでますか?
赤ちゃんの炎症の原因がアトピー性の場合、「強烈な痒み」と「特徴的な湿疹」の2つが発生します。体の様々な箇所に湿疹が発生します。赤みがあったりボツボツとした形状だったりと種類は様々ですが、比較的左右対称に発生しやすいのが特徴です。ちなみに、湿疹ができやすい箇所として顔、耳、肘の内側などが挙げられます。そして炎症が発生した場合、発生箇所に強烈な痒みも発生します。赤ちゃんの場合、痒みが発生した場所を我慢できずにかいてしまうため炎症が更に広まってしまいます。
アトピー以外に炎症を起こすことはありますか?
あります。「乳児湿疹」といい、赤ちゃんの頃に発生しやすい湿疹です。赤ちゃんはまだお肌のバリヤーが弱く、汗や涙、よだれなどで肌が荒れてしまいやすいため、それらが原因で湿疹を起こしてしまいます。湿疹のタイプもアトピー性皮膚炎と似ているのでアトピーと勘違いする人は多いですが、基本的に一歳を迎える頃には炎症は治まっていることがほとんどです。なお、乳児湿疹とは赤ちゃんに起こる湿疹の総称であり、乳児湿疹という病気はありません。
アトピーか乳児湿疹の炎症か見分ける方法はありますか?
即座に判断することはできません。というのも、乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も症状が酷似しているため、症状ではなく経過で確認するのが基本だからです。アトピー性皮膚炎の場合、慢性的な湿疹であり、症状が収まったり悪化したりを繰り返す傾向にあります。他にも2ヶ月以上湿疹が続いている場合も乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎である可能性が高くなります。また、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は頭から始まり顔に発生し、次第に下降するように体のあちこちに発生する傾向があります。

色々ある赤ちゃんの炎症の中でもアトピーが厄介な理由

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は、どちらも湿疹と痒みを引き起こすものですが、アトピーによる炎症のほうが後々の被害は大きくなってしまいます。ここでは、赤ちゃんにアトピー性皮膚炎が発生した時に起きるリスクについて紹介していきます。

赤ちゃんがアトピーによる炎症を起こすと薬を常に塗らないといけません(小児科医)

アトピー性皮膚炎は、とにかく長く続くのがポイントです。アトピー性皮膚炎になった場合、半年以上痒みが発生することもあるため長く付き合い続けなければなりません。湿疹が発生した場合、赤ちゃんが湿疹部分をかきむしることでさらに湿疹が拡大してしまいます。そのため、ステロイド外用薬を塗って痒みを抑えます。薬を塗ることである程度痒みは抑えられるのですが、塗るのをやめるとまた痒みが発生してしまうため常に薬を塗り続けなければならない状態が続いてしまいます。

炎症が悪化する前に検査が必要です (小児科医)

炎症が発生した場合、治療する前にそれがアトピー性皮膚炎か乳児湿疹かの原因を突き止めましょう。もし、原因も知らずに治療を行った場合、間違ったケアをしてしまい炎症が悪化してしまう可能性が有るからです。よくある間違いとして、赤ちゃんのアレルギーが食物アレルギーだと早合点してしまうことです。実際には乳児に食物アレルギーが発生する確率は2割程度であり、体質が原因で発症することがほとんどなのです。なお、アレルギー検査は生後4ヶ月頃から可能です。

炎症が起きた際は赤ちゃんに合わせた治療を受けよう

赤ちゃんのアトピーは、にコロコロと治療法を変えたり様々な薬を使っていたりした場合、炎症は悪化してしまうこともあります。現在、インターネットでアトピー治療に関する情報はたくさん手に入りますが、最適な治療方法というのは赤ちゃんの体質によって違います。よって、まずは診断を受け、赤ちゃんに最適な治療法を見つけましょう。最適な治療方法を気長に続けることで症状は緩和していきます。

炎症が起きてしまう生活環境や食生活に要注意

皮膚の炎症を起こさないためには、いくつかポイントがあります。赤ちゃんの肌を刺激や炎症から守るためにできることを見ていきましょう。

気を付けておきたい炎症を悪化させる要因

ダニやカビ
アレルギーと言うと、食べ物を思い浮かべる人が多いかと思います。しかし、アトピーの原因物質は食べ物以外に多いです。最も多いのが、ハウスダストやダニ、カビになります。ホコリにはダニやカビが沢山潜んでいるため、アトピーを持つ赤ちゃんがいる家庭では、こまめに掃除をするようにしましょう。近年、マラセチアというカビに対して陽性反応を示す人が増えています。このカビは誰の皮膚にも存在しますが、痒みやフケを発生させるため、免疫力の低い赤ちゃんやアトピーを持っている人は気を付けなければいけません。
子どもは特に気をつけたい食べ物
赤ちゃんや幼児は消化器の機能が未熟であるため、食べものに含まれているアレルゲン物質も対しても反応しやすいと考えられています。特に気を付けたい食べ物は、卵白や乳製品、大豆や米、麦などです。3歳を過ぎると消化器の機能が発達してくるので、食べ物によるアレルギーの心配も少なくなります。赤ちゃんや幼児にご飯をあげる際は、成分表示をしっかりと確認して、アレルギーに気を付けましょう。
肌に刺激を与えるもの
アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリア機能が低下しているため、あらゆる刺激物に対して反応しやすくなっています。主なものとして、石鹸や洗剤、化粧品に含まれている化学物質、汗や汚れがあります。赤ちゃんに触れるときは、できるだけ綺麗な状態で接するようにしましょう。アトピーを悪化させないためには、汗を掻いた際はきちんと入浴して、その後の保湿対策も行なうようにします。肌の清潔と水分バランスを保つことで、外界の刺激に対して強い肌を維持することができるでしょう。
肌をかく女性

このように、アトピーの炎症の原因となるものはたくさんあります。遺伝的な要因もありますが、ダニやカビ、食べ物などについて知っておくことで、事前に対策もできます。赤ちゃんのアトピーを防ぎ、健やかな肌状態を保つように心掛けましょう。

TOPボタン